未分類

ブラック企業からの転職は不利なのか?転職が不利になる人の特徴

更新日:

こんにちは、なべです。

 

今回はブラック企業からの転職は本当に不利なのか?を解説していきます。

 

二度の転職、月320時間労働のブラック企業を経験し、転職に成功して現在では上場企業で人事部長をしている私の体験談も含めてお伝えしてきます。

 

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

ブラック企業からの転職は本当に不利なのか?

結論【不利にはなりません】

 

ただ、ブラック企業だから不利になるわけではなく、不利になる要素はあります。

 

それは在籍期間です。

 

ブラック企業だから不利ではなく、ブラック企業を辞めようと考える人の特徴は早期での退職が多いため、不利になるのかなと印象を持つ人が多いのです。

ホワイト企業だろうと早期で辞めてしまっては不利にはなります。

 

採用をする会社からの目線で見ると、この人を採用してすぐに辞められてしまうのではないかと感じるためです。

 

ブラック企業で長く務めた実績がある人は、ストレス耐性があり忍耐力があると評価されるケースも往々にありますので、安心して転職活動に踏み切ってみてください。

 

ここからは不利になってしまう人向けに考え方や転職活動のコツをお伝えします。

 

ブラック企業からの転職で抑えておきたいポイント

早期退職(1年以内)の転職で抑えておきたいポイントを説明します。

 

早期退職者向け(1年以内)の3つのポイント

1:ステップアップという考え方はやめる

2:転職で成し遂げたいことを明確に

3:書類選考で落ちることは当たり前と考える

 

ステップアップという考え方はやめる

少し厳しいことを書きます。

 

早期退職のあなたは実績がありません。(前職での実績を持っている人は別です)

 

転職活動の軸をステップアップのためという考えを捨ててください

 

ステップアップという考えは今の会社で何かを成し遂げたことを明確に伝えれることがなければ成立しません。

 

スタンスとしては、環境を変えることに集中をすべきです。

 

まず環境を変えて、その環境で何かを成し遂げることに力を注ぎましょう。

 

ステップアップを目的とすると、大企業や知名度のある会社ばかりに目がいってしまいます。が、現実は甘くなく転職活動に挫折しかねないです。

 

小さな会社でも実績をしっかり積むことができれば、そこからさらにステップアップのための転職に踏み切ることができます。

 

むしろ実績を積みやすいのは規模の小さな会社のほうが様々な業務を経験できる可能性は大きいので、とにかく今は環境を変えることに主軸を置くようにしてみてください。

 

書類選考で落ちることは当たり前と考える

また現実です。

 

早期退職の場合は想像以上に書類選考で落ちます

 

なぜなら書類選考ではあなたの人柄やコミュニケーション能力は全く見えないからです。

 

私も書類選考をしていますが、年齢・職歴・在籍期間・職務経歴をざっと見る程度になっています。

 

年齢として25歳未満であれば第二新卒と考えてポテンシャルを見てみようと判断するケースもなくはないですが、本当にごくまれなケースです。

 

ここでも会社の規模によって変わってくるので、ステップアップで伝えたように書類選考が通りやすい規模を狙うことは重要な考え方です。

 

私自身も24歳のときに2年働いたアパレル企業を辞め転職活動をした際に、ことごとく書類選考で落ちました。

 

自分を否定されたように落ち込んでしまいましたが、へこんでも何の意味もないので落ちるのが当たり前と考えるようにしてみてください。

 

絶対に辞める前に転職先を決める

ニート状態が何か月間も続いていい人は別です。

 

そうでない人は必ず転職先が決まるまで辞めないことをおススメします

 

近年は売り手市場と言われており、求職者の数に対して求人のほうが多い状態でした。

 

仕事は選べる状態で企業側が何とかして人を取ろうと躍起になっていたのですが、2020年2月のコロナショックから雲行きは変わり始めています。

 

これからは求人数が減っていくことが予想されており、買い手市場になっていくため就職氷河期になっていく可能性が高いです。

 

むやみやたらに退職意思を伝えないことも必要な考え方です

 

ブラック企業では残業や休日出勤などある会社も少なくないので大変かもしれませんが、今の環境を抜け出したいのであれば、無理してでも休日に行動を起こすようにしてみてください。

 

勢いで辞めたものの生活ができないような状況になっては本末転倒です。

 

実際に僕も24歳の転職の際に勢いで退職意思を伝え、転職活動は退職してからとのんきに考えてしまった結果、ニート状態を2か月経験してしまったことがあります。

 

結婚をしており出産も控えていたため、早くお金をかせがなくてはいけない焦りから、ブラック企業と掲示板で書かれている会社にしか入れないという状況を経験しています。

 

追い込まれてしまってからでは冷静さを失い、判断を誤ります。

僕のような失敗をしないよう、ぜったいに転職先を決めてから退職意思をつたえるようにしましょう。

 

ブラック企業からの転職のコツ

ブラック企業からの転職のコツは、

 

転職エージェントを使うことです。

 

転職エージェントとは人材紹介サービスの一つで、求職者にとっての最適な転職となるよう様々なサポートを無料で行ってくれます。

 

キャリアアドバイザーが要望にあった求人を紹介してくれます。

 

非公開求人を多数保有しているので、世間では公開されていない企業と出会うことができます

 

やりとりもすべて代行してもらえるので、忙しいブラック企業に勤めている人には最高なサービスといえますね。

 

また早期退職で懸念される書類選考通過率を高めるために、キャリアアドバイザーによる添削や企業への紹介文を作成してくれるため、

通常での転職サイト以上の書類選考通過の可能性が高まりますので、気軽に相談にいくことをおススメします。

 

転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

 

おすすめ転職エージェント

★第二新卒エージェントneo

第2新卒層におススメのエージェントです。

★ランスタッド

キャリアアップを目指したいの向けです。

★ハタラクティブ

東京・大阪・名古屋の方にはおすすめのエージェントです。

 

ブラック企業からの転職から思うこと

私はゴリゴリ営業会社で月320時間労働のブラックな環境で3年半勤務しました。

 

リーマンショック後の超氷河期に絶対に3年で社会から評価される役職、年収という実績をもってやりきりました。

 

結局40名の組織をマネジメントする管理職まで上り詰めましたが、日々精神のすり減り方は尋常ではなかったと思っています。

 

今ではいい経験だったと思いますが、もう一度やるかと問われれば絶対にやりません。

 

なぜならブラック企業からの転職を成功させて、収入・時間・体調すべてが好転し、人生が変わったからです。

 

迷っている時間は本当にもったいないです。

 

ブラック企業からの転職を成功させて、自分の人生を豊かにするために行動していくことをおススメします。

-未分類

Copyright© ブラック企業脱出塾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.