マイホーム

【注文住宅の失敗】打ち合わせではここに気をつけよう!

更新日:


注文住宅の間取りや詳細を詰めていく際は本当に悩みます。
実際に注文住宅を建てた経験から絶対に後悔しないためのポイントをお伝えします。

注文住宅の打ち合わせの注意点

コンセントは余分だと思うくらい設置すべき

本当におすすめします。

注文住宅では打ち合わせをしていく中で、照明やコンセントの数・配置も決めていく必要があります。
基本的には依頼側がどこに配置するかを決めます。素人に選ばせるのはハウスメーカーとしてのリスクを負わない(後々のクレーム回避のため)ようにするためです。ここは本当に失敗したと感じます。

住み始めて3日で延長コードを何本の買いに行くハメになった私としては、余分だと思うくらい設置することをおすすめします。

ちなみにコンセントの設置には電気工事が必要となるため、事前に設置する場合はローンに組み込むことができ、月で数十円で設置できます。しかし引き渡し後の場合は一か所に数万円を一括で支払わなくてはならなくなります。家具や引っ越し代などまとめた出費がかさむタイミングだったこともあり、我が家では断念しました。打ち合わせの際の細かい確認が必要だったと感じています。

リビング

3メートルに1つの感覚程度は必要です。部屋の隅に設置しても、ソファーの位置などによっては携帯の充電やカーペット・空気清浄器の場所が限定されてしまいます。出窓を2か所にする場合は必ず間に設置しましょう。

小部屋

寝室や子供部屋などでは扉周りに注意が必要です。我が家では8畳・6畳の部屋が4つありますが、すべての部屋で扉の横個所にコンセントを設置しましたが、扉を開けたままにすると使えない場所に設置してしまいました。本来であればハウスメーカーの担当がプロの目線としてアドバイスをもらえるものなのでしょうが、、、。

特にコンセントとテレビの引き込み口を扉近くにしてしまうと、コードむき出しの状態で使用せざる得なくなります。8畳で4か所・6畳で3か所程度を扉を開け閉めしても使える場所にあるかを確認しておくことがおすすめです。本当にコンセントには後悔しております。

ベランダは使用用途を考えて広さを決めるべき

注文住宅を建てられる方の多くに、広いベランダが欲しいと考えている人が多いのではないでしょうか?私もその一人でした。しかし我が家では中途半端な設計となり洗濯物を干す以外何もできないことに引き渡し後に気づきました。。

我が家のベランダは奥行き2メートル・幅10メートル程度で広さはあります。
しかし、奥行きの狭さが何をやるにしても弊害となっています。一番の要因はエアコンの室外機です。リビング横にベランダを設置したいと考える方は多いと思いますが、リビング用のエアコンは畳数が大きいサイズなので、室外機も立派です。そのため、室外機がとても邪魔になってしまいます。打ち合わせの段階で室外機を想定しておらず。。

長方形のベランダでは子供用プールをやろうとすれば、室外機で引っ掛かります。
BBQをやろうとすれば人がすれ違うことも億劫になるくらいキュンキュンになります。

ベランダで家族でのイベントをしたい遊べるような空間にしたいとお考えの方は、
奥行きを3メートル程度とる。もしくは、正方形に近い形にすることをおすすめします。我が家のような設計をしてしまうと、絶対に後悔します。

洗濯物を干すだけくらいでお考えの方は1~1.5メートル程度で十分です。(アパートやマンションのベランダのイメージ)
我が家は中途半端な広さにしてしまったばかりに、リビングが狭くなってしまうという事態になったため、
同じような後悔はこのブログを見ていただいた方にはして欲しくないので使用用途を家族で話しあってみてください。

白いフローリングは傷・シミ・髪の毛が目立つ

これが我が家の床。

我が家は色に対してこだわりが強く、床は白、壁と天井は木目調のダークブラウンを使用。雰囲気は悪くないのだが、傷がとにかく目立つ。

ダイニングテーブルの椅子に傷ガード用の対策をするのが遅かったことも問題ではあるが、引越しの荷物搬入の際も傷がついていた。(ここは引越し会社が負担で修理)

好みにもよるが、長年生活をしていくと傷は避けられないので、気になる方は白はおすすめしません。

また、髪の毛(抜け毛)が尋常じゃなく目立ちます。元々マンション時代はブラウンの床で3~4日にでも目立った記憶はないのですが、今では掃除機をかけて数時間で『あれ?さっき掃除機をかけたばかりなのに・・・』となります。
友人が来る前に掃除機をかけても友人が来た時には意味のないものに感じます。旦那さんが掃除にうるさい方は気をつけないと、掃除レベルを疑われるかもしれません。我が家ではルンバの購入を考えています。

さらに食卓周りは汚れのシミが残っていきます。小さな子供がいることもありますが、毎週拭き掃除をしないといつの間にかくすんだ色に変わっていきます。住み始めは綺麗な白が残ってる箇所は2~3年でなくなっていきます。。

『絶対に白がいい!』という方以外は、白はやめておくほうが無難です。(マンションの白フローリングの友人も全く同じことを言っていました・・・)

いかがでしたか?

注文住宅は自由に作れる反面、後々後悔をしてしまうケースも数多くあるようです。
そのほとんどがハウスメーカーとの打ち合わせの際に解消できるものです。打ち合わせに挑む前に家族で話し合い、どんな家にしたいか?何ができるようにしたいか?をまとめることをおすすめします。ハウスメーカーの担当者に紙に書いて渡してみてもいいくらいだと今では感じています。

打ち合わせ時の口頭ではなく伝えたことを残しておくことも大事なことなのでぜひやってみてください。

このブログを読んでいただき、本当に後悔しない家づくりの参考になれば幸いです。

おすすめ記事

-マイホーム

Copyright© しんぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.