在宅勤務(テレワーク)

在宅勤務(テレワーク)あるある50選!!

更新日:

新型コロナウィルスの影響で在宅勤務(テレワーク)を導入する企業が増えてきました。

 

在宅勤務(テレワーク)のあるある50選をご紹介します!

在宅勤務(テレワーク)あるある ~メリット編~

身だしなみにかける時間がなくなる

在宅勤務スタートのときはワクワクする気持ちとこれまでの出社する習慣から、初めは身だしなみをしっかりします。

 

徐々に在宅勤務に慣れてくると本当に気にしなくなっていきます。

 

特に以下内容は在宅勤務(テレワーク)あるあるで、時短効果抜群ですがその分失うものありますので要注意です。

 

服にこだわらなくていい

在宅勤務(テレワーク)でまでスーツを着なさいという会社はほとんどないでしょう。

 

ZOOMでのあるあるですが、基本的に上半身しか見えないため、下半身はパジャマで仕事をしている人も少なくありません。

 

むしろパジャマのままでもそこまで違和感ないです。

 

下着でも映らない自信はある人は下着のままでもいけます。

 

ひげを剃らなくなる

本当に剃らなくなります。

ヒゲが濃い方にとっては一番のメリットと言えるでしょう。

 

元々ひげがチョロチョロしか生えない僕は竹野内豊になるためにヒゲの育毛に励みました。

眉毛の育毛剤でヒゲが濃くなります。

 

ヒゲダンディを目指したい人におススメです。

 

髪をセットしなくなる

人によりますが、在宅勤務(テレワーク)開始から一番惰性になっていくのが髪です。

 

会社でばっちり決めている人が、ZOOM越しでオフモードを出しているのはウケはいいようですが、

在宅勤務(テレワーク)で幻滅されているスーツ男子は多いのは事実なので、ほどほどにセットしておくのがいいですよ!

 

靴下をはかなくなる

靴下と無縁の生活になります。ムレとのお別れです。

 

通勤のストレスから解放される

在宅勤務(テレワーク)の一番の醍醐味は通勤時間がなくなることです!!!

 

満員電車からの解放。。

 

一度覚えてしまうともう二度と満員電車に乗るなんて嫌だとなります。

 

在宅勤務(テレワーク)の一番の中毒性の高い魅力ですね。(薬物です・・)

 

睡眠時間の確保ができる

通勤しなくていいので、寝ようと思えば10分前に起きれば間に合います。(僕は3分前起床です)

 

比較的夜は自分の時間に使っているので、朝ギリギリまで寝ても8時間の睡眠時間の確保ができています。

 

プライベートに使える時間が増える

朝の時間もそうですが、就業時間後の移動時間がなくなります。

 

今ではフレックスなどもあるため、僕の会社では10時に出勤して16時にはプライベートの時間を取っている社員もいます。

 

働き方改革×在宅勤務(テレワーク)は最強ですよ。

 

昭和の方々からは「もっと働かんかい!」って怒られそうな時代に突入です(ありがてー!)

 

作業の集中力が上がる

目に入る情報や音が制限されるため、圧倒的に集中力が高まります。

 

作業だけでなく思考系の仕事もはかどります!

 

嫌いな人と顔を合わせなくていい

直属の上司などになると難しいところはありますが、対面よりも在宅勤務(テレワーク)では相当軽減されます!

 

視界に入らない!!

 

休憩時間のリラックス度合いが最高

ベッドで横になるもの、テレビを見るのも、家事をするなど何でもOKです。

 

シャワー浴びてリフレッシュすることもありますが、とにかく会社ではできないことが何でもできますよ!

 

家族とのコミュニケーションが増える

WEB会議中などに子供の声が入ったり、やりづらい面もあるものの、日頃忙しく会えない家族とのコミュニケーションが増えるのはありがたいものですね。

 

飲み代が減る

日頃の付き合いでの飲み会がなくなります。

 

飲み代に月数万掛かる人はホントにお金使わなくなります!

 

在宅勤務(テレワーク)あるある~メリット編~まとめ

メリットでは時間の感覚が大きく変わる内容が多いように思います!

 

服装や身だしなみもそうですが、比較的【自由】に近いですね。

 

在宅勤務(テレワーク)あるある ~デメリット編~

太る

運動不足ですからね。そりゃ太りますよ。

 

一日中座りっぱなしになるのでむくみがひどく、太ってしまったように見える人も多いです。

 

在宅勤務(テレワーク)では、緊張感が緩みやすいので間食が増えてしまう傾向の人も多い!

 

デブまっしぐら・・・。

 

腰・お尻が痛くなる

本当に痛いです。。。。。切実です。。。

 

我が家ではニトリで5,000円程度の椅子がありましたが、本当に痛い。

 

オフィスの椅子がどれだけいいんだよってくらい、ありがたみを感じます。

 

家の仕事環境はちょっと高いな~と思っても、デスクと椅子はぜーーーーーーったい拘ることをおススメします!

 

光熱費が上がる

エアコンや電気をつけっぱなしなので、どうしても上がります。

 

会社によっては補助が出るところもありますが、これは支給してほしいところ!

 

日用品の消費が激しい

光熱費同様に常に家にいるので、ティッシュやトイレットペーパーなど様々な日用品を消費します。

 

ドラックストアに行くのもめんどくさいので、Amazonでポチってしましましょう。

 

宅配便の受け取りはいつでもできるので、とにかく便利!

 

 

在宅勤務(テレワーク)あるある ~番外編~

女性社員のすっぴんに慣れる

はじめは『おおっ・・・』となっていたものの、いつの間にか慣れます。

 

初めは会話に集中できない現象で生産性落ちます。

 

いじってもいい関係性ならまだしも、いじりづらい女性社員の場合は頑張って見て見ぬふり。

 

世の中の女性のみなさんお許しください。。。

 

おすすめ記事

-在宅勤務(テレワーク)

Copyright© しんぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.