営業

営業マンに絶対に読んで欲しいおすすめの本!!【売れる営業マンになりたかったら相手を知れ!と言われてもなかなかできない人のための営業質問術】

更新日:

即決営業が本当に難しい。

お客さんに押し売りをしたくないけど、売って来いと言われて苦しい。

検討しますと言われてからどうしたらいいかわからない。

このような悩みを持っている営業マンは本当に多いと思います。

僕もそうでした。

ただ、この一冊に出会ったことで営業マンとしての考え方、お客さんの反応が圧倒的に変わり、無言が苦しくてわけのわからない内容を一方的に話し続ける営業マンからお客さんから話してくれて、いつの間にか契約に至る営業スタイルを確立することができました。

当然年収にも大きく跳ね返り、入社から5か月最下位あたりを低迷していたダメダメ営業マンが2か月後には、上位5位以内(営業マンは200名程度)に入り続け、1年後には30名程度のマネジメントをする立場に変わりました。

今でも営業で悩む子には必ずおすすめする本をご紹介させてもらいます。

売れる営業マンになりたかったら相手を知れ!と言われてもなかなかできない人のための営業質問術

すごく長いタイトルですよね。笑

2009年に発行された本です。著者は松橋良紀さんです。いつか松橋さんにお会いしてお礼と一緒にお酒を飲んでみたいと思い続けているほど、本当に感謝してもしきれない僕の営業バイブル本です。

特徴を紹介

大枠を話すと、

・世の中には営業本はたくさん出ていてみんな能力に優れた人が書いているから、質問を重要視する本が少ない。(ここでいう能力とは説得が得意・負けん気が強いなど)

・質問は技術で、順番が大切。

・クロージングは一回。断り文句がでる前に問題がある。

上記内容が事細かにわかりやすく書いてあります。

 

おすすめ記事

-営業

Copyright© しんぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.